こんにちは。

7期生自己紹介ブログの14人目を担当させていただく、神戸大学経済学部1回生の小瀬古渓士です。初めてこの名前を言う時は必ずと言っていいほど間違われます。切ないです。少し呼びにくいかもしれませんが、“こせこせ”と呼んでほしいです。木の家では農業班に所属しています。

 

出身は三重県津市にある榊原町という、多可町よりさらに田舎の村です。有馬温泉、玉造温泉と並び称される榊原温泉という温泉もあり、360度山に囲まれた自然豊かな所で育ったので、自然を愛する気持ちだけは人より強い気がします。小学生のころはよくノコギリ、ナタ、きり、やすりなどを使って竹細工をしたり、軽トラに乗って家の畑の手伝いをしに行ったり、ときには畑に落とし穴を作って友達を落としたりしていました。

 

そんな環境で育ってきたので、木の家の存在を知り活動内容を見てとても親しみを感じ、ここまで自然と密接に関われる機会は他にないだろうと思い入会を決めました。木の家には野球好きの人が多いみたいですが、僕はサッカーを見るのが好きです。50音のどれでも言ってくれれば、選手の名前で返してしりとりをするのが秘かな特技です。来年はワールドカップがあるので誰か一緒に観戦してくれると嬉しいです。農業班としてはおいしい野菜を育ててみんなに食べてもらいたいし、村の人の育てた野菜ももっと食べてみたいです。さつまいもが好き過ぎるのでとにかく今は焼き芋がしたいです。来年以降は育てるだけじゃなく、加工にも関われたらと思ってます。

 

よく言われますが、テンションに関わらず声が小さいです。でも、せっかく多可町にお邪魔して活動させてもらっているので、自然だけでなく村の人とももっと積極的に交流していきたいと思っています。そして木の家のメンバーもこれからもよろしくお願いします!

 

以上で自己紹介はおしまいです。次は農業班なのに僕と同じく虫が苦手な、よこっちに代わります。よろしくお願いします!