おりぴーから自己紹介ブログを引き継ぎましたしまじゅんです。

突然ですが、世の中には2種類の人間がいます。鉱物に興味がある人間と興味がない人間です。僕は当然興味がある人間です。皆さんの中には鉱物に全く興味がないという人も多いと思います。そこで皆さんに少しでも鉱物に興味を持ってもらえるように、この場を借りて鉱物のトリビアを披露したいと思います。

花崗岩(かこうがん)というサッカーボールみたいな黒い点々がある石がその辺に転がっていますよね。その黒い点々について話したいと思います。あの黒い点々は、雲母と呼ばれていて、非常に薄い紙のような厚さの鉱物が何枚も何枚も重なってできています。お店で雲母を見かけても1枚剥がして持って帰ってやるなんて思わないで下さいね。その紙みたいなやつは、ほとんど透明で色もほぼ無色なんですが、それが何枚も重なることで、黒色だけでなく、白、紫になったりするんです。ちなみに紫色の雲母は日本人の増富(マストミ)という人物が最初に発見したので、増富雲母と呼ばれています。

次に水晶という鉱物について話したいと思います。鉱物界では非常に一般的で人気があるものの1つです。水晶がお店で売られているところを見たことはありますか?見たことが人は1度店に立ち寄ってみて下さい。実は多くの水晶が六角柱をしているんです。しかもこの形は加工したものではなく自然に形成されたものなんです。しかし、形を綺麗に見せるために加工してあるものもあります。なんと今回はそれを見極める方法を紹介します!実は、よく見てみると、加工されていない水晶の表面には線のような模様が六角柱の側面に無数にはいっています。。しかし加工されたものは表面がツルッツルです。ぜひ店で確かめてみて下さい。

というわけで、まだまだトリビアはいっぱいあるのですが、今回はここまでにしたいと思います。出来るだけ分かりやすく書いてきたつもりですが、とにかく僕が鉱物が好きな人間であるということだけでも伝わればうれしいです。鉱物に関する疑問、お悩み等ありましたら、しまじゅんまでどしどしお寄せ下さい。

次は、テニスの天才たごちゃんに引き継ぎたいと思います。ありがとうございました。