こんにちは。みやちゃんです。
相変わらず自分で自分のことをちゃん付けで呼称するのがとても恥ずかしいです。
人に言われるのは良いんですけれどね・・・

と、このあだ名考察、どうやら1年半前に書いた自己紹介の文章でも同じような事を言っているみたいです。
(そのようすはこちらから読めます。)

人は、なかなか、変わらないようですね。
でも今回はそんなぼくがちょっとだけ変わった、成長した様子と絡めながら、思い出の一枚、紹介していきます。

その前に、2つ、読み進める上で頭に入れておいてほしいことがあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
1.ぼくは結構な人見知りである。ということ。
  恥ずかしながら、とても、人見知りします。直さなきゃなあ、とは思っています。思っているだけ。

2.特に、イケイケな、ちゃらい感じの人が、一番戸惑います。
  そういう人は、大抵ぼくに話しかけてきたりなんて、しないのですが、話さないといけないとなると、困ってしまいます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さて本題。思い出の写真でしたね。
本命の思い出の1枚の前に、まずは2014年1月合宿のこれ。
P1020826
そば畑に肥料をまいた後の、集合写真です。
なぜこれにしたのか?人数に注目してください。集合写真にしては、少ないですね?

実は、この前月に”1期生”のリタイアメントがあり、また、1月、年初めということで参加人数が少なかったのです。
そういったわけで、ひとりひとりのメンバーの重要度が増して来ていたように感じたこの回の合宿

加えて、この合宿では、多可町の名所や美味しいものをめぐる”多可町ツアー”も行ったのですが、その企画や行き先を考えてくれたイベント班の3期生たちが参加できず、
当日の時間調整と進行をぼくが任せられたのです。

この頃、もちろん居心地の良さは感じながら、同時に、
恥ずかしながら入会して半年以上経つのにまだ微妙に人見知りしていた部分があったのですが、
「はい、次に行きますよ~!」、「そろそろ車に乗りましょう!」ってな具合で進めながら、その気持ちがちょっと薄れたように感じました。そんな回でした。この回の撮れたて!はこちら

さてここで本命の写真。
IMAG1472
それから3ヶ月後。2014年4月・桜まつり合宿の夜の様子です。
アイスを食べていますね。
これはみんなが知っている有名な高級アイスなのですが、人数分無かったので、じゃんけんをしました。
で、写真に写っているのは勝ったひとびと。
負けたのは、ぼくを含めて3人。

勝った人たちがあんまりイヤミな食べ方をして、負けた3人のうち2人が↓

IMAG1473
(沈みこむ)

こんな有様だったもので、何が起きたかこの時ぼくは、人見知りと遠慮はどこへやら、全力で抗議したのです。
喧嘩コントです。
今思えばめちゃくちゃくだらないですが、よくわからない火が付いたぼくはとにかくはしゃぎ回ったのです。

あげくに味方だった負けチーム2人からも
IMAG1474
「いやなんかみやちゃん怖い・・・」(ガタガタ)
と言われる始末。

思い出して文章で人に説明するの、すごい難しいし、いってしまえばとても内輪のお話で気が引けるのですが、
こんなひょんなところで、ぼくはメンバー間での人見知りを克服したように思います。

この合宿の様子はこちら

伝わっていますでしょうかこの感覚。
不安ですが、続けますね。

さてさて、少しだけ人見知り克服してきたぼく。
次は、知らない人への人見知りをなくしたいところ。その練習機会になったのが、
IMAG2273
三宮そごうでの多可町特産品販促活動です。
知らないマダムやおじいさん方あいてに、大きな声をちゃんと出して呼び込みができました。
成長してきたと思いませんか。

でも、相手はマダムやおじいさん。ぼくの苦手とする、イケイケの人たちとは程遠いのです。

さて、次が、最後の1枚。

PB092636

まだ記憶に新しい今年の六甲祭です。
この時、写真左のごーたろーさんの呼び込みを見て、ぼくは衝撃を受けました。

ふわっと通りかかる人に近づき、気づけば話しかけ始めている。

(なん・・・だと・・・、どうやってるんだ・・・すごい・・・)と思いました。
みんながみんなそんな呼びかけ方法できるわけでもないし、もしかしたらそれを苦と感じないタイプなのかも知れない。
でもぼくは、
これは見習わなくてはならない。
これくらいの壁(キャッチ的な呼び込みをするということ)ができなければ生きてはいけないと感じました。

そこで、同じ方法でチャレンジ。しばらくやっていると、話を聞いてくれたり、ついには買って行ってくれる人まで!
YATTA!

そこに通りかかる見るからにイケイケの3人組
行けるのか?行くのか?
行くしかない!

話しかけました。
一生懸命、バインセオ(商品)の説明をします。
「・・・・っていう感じの食べ物なんですけど、いかがですか?あんまり食べる機会ないと思うんですけど!」
話し合うイケイケの人たち
「どうする?」
「まあ、じゃ、食べてみるか。えーっと、2つください!」
「あ、ありがとうございます!!」

やりました。大進歩です。これこそが成長です。(のはずです。)

今年の年明け早々に書いた書き初めでの(おまけの1枚↓)
aa4ebcfc-s
「伸びしろ」をちゃんと活かせているのではなかろうか。

ちなみに2014 木の家書き初め大会へのリンクです。↓ほかの人は達成できているのかな。
前編はこちら
後編はこちら


なんだか思い出の1枚が、とりとめのない長話になってしまいました。
1枚じゃないし。 
ほかのメンバーは本当にしっかりした自分を持っていたり、ビジョンが見えていたり、周りを引き立てる力があったり、気配りができたり、スケールがものすごい大きかったり、その人にしかない味があったり・・・

それに比べてなんとも小市民感漂うお話になってしまいました。
「なんじゃこりゃ、そのくらい誰にもできるでしょ」
という感想も当然かと思います。

でもまあ、本人が成長したと思っているのでどうか勘弁してください。
あ、それから広報班としても成長した感を出すために、要所要所で過去のブログ記事とリンクさせてみました。ぜひ読んでみてくださいね。

ああ、長くなってしまいました。
それでは、次は誰にしようかな・・・みんな忙しそうだからな・・・とりあえず決めずにおきます。
長文にお付き合いいただき、ありがとうございました。