2016年10月

木の家でやりたいこと(むろこ)

こんにちは!木の家農業班所属のむろこです(‘ω’)
さきたそにつづいて、今回は私が、木の家でやりたいことを発表させていただきます~!


さてさてみなさま、私が高校時代、美術部に入っていたことはご存知でしょうか?
私は母校は、普通コースと美術コースに別れていたので、美術を学ぶための設備がかなり充実していました!!
そのおかげで、美術部の活動も他校に比べて幅広かったのです~。
油絵や水彩画、鍛金、螺鈿、七宝焼きなど、普通コース所属の私も、いろいろなことをさせてもらっていました。


中でも、私がいちばん好きだったのが、木のスプーン作りです(*´ω`*)
まず、さくらの角材に思い思いの形に下書きをしてから、糸鋸、のみ、彫刻刀を使って彫っていきます。
そして、何種類もの紙やすりをつかって削って、クルミ油で仕上げをしました。

IMG_1027

↑ちなみにこれが、私の作ったスプーンです!(ちょっと画質悪いですが…笑)

私には、この楽しさが忘れられません!
なので、私が木の家でやりたいことは、みんなで木のスプーンをつくることなのです!

スプーンづくりそのものが、やりたいことであるのはもちろんのことですが、私はみんながどんなスプーンを作るのかが見てみたいです!
こういう時間と手間をかけて作るものは、個人個人の性格が出やすいので、それぞれ表情が違ってとってもおもしろいのです~*


使う木材は新しく買ってもログの端材を使ってもいいし、道具はそろっているし、いつかみんなでしてみたいなぁ……( *´艸`)
スプーン以外にも、バターナイフとかお箸とかでもいいですよね(*´ω`*)
どんな作品が出来上がるでしょうか~?



さてさてお次は、同じ農業班のしゅんたにバトンタッチですよ~

木の家農場(3) ~トウモロコシ~


長い夏休みが終わり、私たちの大学では後期授業がつぎつぎと開始されています。
10月になってから朝晩がぐんと冷え込むようになり、風邪気味のメンバーもちらほら…。
気を付けないといけませんね!


この夏休みには、多可町では夏祭りが開催されました!!!
盆踊りに花火に屋台に、これぞ日本の夏祭りといった感じでした~( *´艸`)
わたしはあんなに近くで花火を見たのは初めてで、終始大興奮…!!
2か月も前のことですが、まだ鮮明に思い出せます!!

ところでみなさん、夏祭りに屋台で食べたいもの…何を思い浮かべますか?
かき氷?やきそば?キンキンに冷やしたビール?(あっこれは飲み物だ)

わたしは、夏祭りといえば、屋台で食べるあの焼きトウモロコシなのであります…( ̄▽ ̄)
醤油を塗って炭火で焼いた、あの香ばしいにおい…たまりませんよね~(^^)


今回の木の家農場コーナーでは、7月合宿で収穫したトウモロコシについてお話しします!
お借りしている畑の一角を使っての、2度目の栽培となりました。


~4月合宿~

この月は、土に化成肥料と石灰を混ぜ込み、土づくりを行いました!
トウモロコシがうまく育つように、土に栄養を与えておくんですよ~(*^▽^*)

今回トウモロコシは、お借りしている畑の畝を2列分使わせていただきました。
そのあと、あらかじめ購入しておいた種をまき、マルチかけもしました。

 20160515_001734407_iOS


 ↑ 種まきの様子です!


~5月合宿~

通常、作物の種をまくとき、1か所に数個種をまきます。
そうして出てきた芽のうち、一番よく育った芽だけを残して、あとの芽を摘む作業を間引きといいます!!

栽培予定では、この合宿で、この間引きを行うつもりでした…が!
あまり芽が出ていなかったので、次の合宿に作業を持ち越すこととなりました(;´・ω・)

この月はとりあえず、追肥とマルチの撤去のみ行いました。



~6月合宿~

前合宿で行えなかった間引きと、追肥を行いました。
トウモロコシは前より背丈が大きくなり、雄穂と雌穂が出てきていました(*^▽^*)!

しかし、依然として生長が遅く感じられるのが気になるところ……(;´・ω・)
今回予定していた徐房は、次回作業へと持ち越しとなりました。

(ちなみに、徐房は、一番上の雌穂をのこし、残りの雌穂を摘み取る作業です!
 間引きと同じように、ひとつの実をうまく育てるために効率的なんですよ~*)
 
20160618_045039943_iOS


右奥がトウモロコシです!

なんと、この合宿のあと、私たちの失念していた鳥よけを、むらの方がつくってくださいました……!!!(;_;)
トウモロコシはこの鳥よけがないと、実の粒を鳥に食べられてしまうのです……。
感謝してもしつくせません……!! 本当にありがとうございました!



~7月合宿~

待ちに待っていた収穫が行われました!!
トウモロコシの中のいくつかはひげが茶色くなっており、収穫時期であるサインが出ていました~(*^▽^*)!!

 DSC_1217 1

残りのトウモロコシはまだそのサインが出ておらず、収穫するべきかどうかを悩む農業班……。
しかし、そのときむらの方から、来月には育ちすぎで食べられなくなるというアドバイスを頂きました。
そこで、思い切って全部収穫!!!
 
33846041-s

多少つぶが不揃いなものや実が黄色くなりきってないものもありましたが、
枯らすこと、病気にかかることなくちゃんと収穫できてよかったです~( ´艸`)ホッ

収穫したトウモロコシは、その日のうちにゆでてみんなで食べました!

一から育てたトウモロコシ……
完璧な出来に育ったとは言えませんでしたが、むらの方々からたくさんの助言をいただいたり、
手を貸していただいたりして、なんとか形あるものにすることができました!!
本当にありがとうございます。

今回私たちで調べた栽培方法と、毎月つけた栽培日記、
そしてなにより頂いた助言を参考にしながら、
来年度のトウモロコシ栽培に向けて努力していきたいと思います!!

今後ともよろしくお願いします。
 
20160718_031103106_iOS




*おまけ*

美味しいトウモロコシ料理……何を思い浮かべますか?
なんといっても、私のイチオシは焼きトウモロコシ、な・の・で・す・が!

今回は私が家でよく作る、トウモロコシの炊き込みごはんを紹介します!!


【材料】
トウモロコシ  1~1.5本
塩  小さじ2
お米      3合
お酒      大さじ1


【作り方】

1. お米をといで炊飯器に入れ、分量の水につける
  こうしてつけておくことで、ふっくらとしたご飯が炊けます!

2. トウモロコシの実を、芯から外す
  まず周りについている皮をはがして根元を落とし、実についているひげを取ります。
  そして、何等分かにぶつ切りにして、断面が上に向くようにまな板に置きます。
  垂直に包丁を当て、芯に沿うように包丁を下して実をそぎ取りましょう!
  包丁に慣れている人は、一部分だけこの方法で実をとってから、縦に包丁を当てて、
 大根の桂向きのようにぐるぐる回してそぎ取ると、より無駄なくきれいに実がはがせますよ~(^^♪
  手は切らないように!!笑

3. お米に塩とトウモロコシを入れて炊く
  米と水を入れた炊飯器にまず塩をいれて軽くかき混ぜ、上からトウモロコシの実をいれます。
  さらに、トウモロコシの芯もその上にのせ、一緒に炊いてしまいましょう!!
  実はトウモロコシの芯からもいい出汁が出るので、とてもトウモロコシの風味豊かなご飯が炊けるんですよ~(*^▽^*)

4. 酒を加えて蒸らす。
  炊き上がったら、上に酒を振って蓋をし、蒸らしてください。
  そのあと、底から大きく返すようにさっくり混ぜたら出来上がりです!!


【アレンジ】

今回、塩と酒だけのシンプルなレシピを紹介しましたが、アレンジレシピもありますよ~(^^♪
しかも混ぜ込むだけなので簡単…( *´艸`)

*バター+パセリ (これにお醤油を加えてもおいしいですよ~!)
*ツナ缶
*ベーコン、ハムなど
*しめじ
*白ごま
*オリーブオイル+岩塩 (意外に合う…!!( ゚Д゚) レシピは塩控えめなので、塩分足すとおいしいです!)

これらの中から、いくつか組み合わせてみるのもおすすめです!
オイル系は炊いてから混ぜ込んだほうが、風味がより残ります(*^▽^*)


ほかにもこれぞ…というアレンジレシピがあれば教えてくださいね~**


撮れたて!(101)~新米販促おいしんぼ館編~


こんにちは!

9月25日においしんぼ館にて行われた新米販促の様子をご紹介します。
まずは準備編から。

米ラベル作り
S__20406277
yeah!

今年は米ラベルを木の家で作成しました!



テーブルクロス探しの旅
S__20406278

S__20406279
何色が選ばれたのでしょうか?

さていよいよ本番です。
DSCF8425

米ラベルはこうなりました。
DSCF8431

今年から真空パックでの販売も行っています。
DSCF8424

とれたてのお米をそのまま真空パックにつめました。
長期保存できるので、試してみたいけど今すぐはいらない……という方におすすめです!

そうこうしているうちにぬか釜ごはんが炊きあがったようです。
S__20070411
お客様も興味津々。
ぬか釜とはお米のもみ殻を燃料にした昔ながらの炊飯方法です。
地域によってはもみ殻のことを「ぬか」と呼ぶとか。

DSCF8434

あつあつのお米を試食としてお配りします。

DSCF8426

DSCF8440

パネルを使って千のしずく米のこだわりを紹介します。
私たちもお米作りに参加させていただいているので気合が入ります。

DSCF8443
夕方~閉店前はピークでたくさんのお客様が来てくださいました!

本番!_3206
売り上げは去年を大きく上回り、50㎏以上でした。
皆さん熱心にお話を聞いてくださってとても嬉しかったです。

次回は10月23日(日)はっぱや神戸野菜ごはんにて新米販売を行います!
ありがとうございました!

撮れたて!(100)~9月通常合宿~

こんにちは、木の家です!

僕たち木の家の日々の活動を写真を交えて紹介するこの「撮れたて!」シリーズも、とうとう第100回目を迎えました!
これほどまでに続いたのも、 ひとえに皆様方の応援のおかげでございます。
ここまで来たからには、ぜひとも1000回達成を 目指し、頑張っていきたいと思います!

さあ、記念すべき第100回は、9月通常合宿についてです!

9/15に9月建設合宿が終了し、9/17にスタートした9月通常合宿...。
中1日というハードスケジュールで始まったこの合宿ですが、果たしてどのようなものになったのでしょうか?
作業ごとに写真とともに振り返っていきましょう!

~米配達編~
初日に行われたのがこの米配達ともみすり。

観音寺の特産であるお米、その新米を村の方々に配達するのをお手伝いさせていただくような仕事です。

新米に関わるお仕事を任せてもらってとてもうれしかったです!
しかし...
2day 米配達_3978
お、重い...。

そう、米袋は一つ30kg...。

それをいくつもいくつも運ぶのが米配達...。

特に思考は必要ありません。
とにかく...
2day 米配達_960
運ぶ!

2day 米配達_8933
運ぶ!!

2day 米配達_1473
運ぶ!!!

力自慢の男たちが一心不乱に新米の袋を運びます。

そして僕たちは直感しました...。

918 2日目 もみすり_2507
「これ...次の日絶対筋肉痛だ...。」


米配達を終えた後、米を真空パックにする方法を村の方に教えていただきました。
真空米作り_340

day2 その他_9160

米を袋につめて機械で真空状態にする...。
言葉で聞くと簡単そうですが、これが意外と難しい。

うまく真空にしないといびつな形になってしまったり、空気が入ってしまいます。

しかし、商品となるものだけあって、みんな真剣に取り組みます。

そして...
真空米作り_4527
完成!
紆余曲折ありましたが、真空パックのやり方を学ぶことができました!
貴重な体験をさせていただいて感謝です!

その後、新米を村の方に分けていただき、みんなで食べました!

新米をぬかがまで炊いて食べる...。
こんな贅沢はない、というほどの贅沢でした。

こんな風にお米と深くかかわることができた合宿でした!

~建設編~
今合宿の建設では、増設部分の間柱の取り付けとログハウスの塗り直しを行いました。

間柱とは、壁を取り付けるために必要な柱です。

さあ、その間柱の取り付けですが...
day3 建設_4202
切って...

day3 建設_6280

day3 建設_4583
削って...

day3 建設_5632
穴をあけ...

day3 建設_159
取り付け!

はい!

とういうわけで、増設部分の建設は順調に進んでおります!

~農業編~
農業は、じゃがいもの追肥と赤しその収穫を行いました。

昨年は、たくさんのじゃがいもを収穫することができました。
今年もたくさんのじゃがいもを収穫できるよう願いを込めて追肥を行いました。

day3 農業_3645
追肥の様子
(顔は決して見せない人)

一方、赤しその収穫も少し行いました。

今回は赤しそはジュースにしましたが、染物など様々な用途があります。

以前行った染物大会も盛り上がりましたし、またああいった会をぜひ開催したいです!

というわけで赤しそを収穫する様子(ドヤ顔を披露する人)
day3 農業_1049

~その他編~
作業には関係ない写真もご紹介!

Day 3 そのた_3382
今まで行ったことのないお風呂にて(一人で記念写真!)

day3 建設_1927
大きなカエルとパシャリ!
こんなに大きなの見たことない!


以上、9月通常合宿についてです!
様々なことがありましたが、今合宿は上でも述べてる通り、「お米」とかかわる機会が多い合宿でした!

新米を運び、新米を詰め、新米を食べる...。

観音寺の特産であるお米の魅力を再認識をすることができた、そんな合宿でした!

さあ次回の「撮れたて!」は米販促!

観音寺のお米の魅力を再認識した後は、その魅力をいろんな人に伝えなくては!
そんな思いの元行われたイベントです!
こうご期待!

木の家でやりたいこと(さきたそ)

こんにちは!
木の家5.5期生、広報班所属のさきたそです٩(ˊᗜˋ*)و

私が木の家でやりたいことは観音寺へ家族に来てもらってログハウスを見てもらうことです

私の実家は埼玉県なので家族の来れる機会はなかなかないのですが、私が卒業するまでに1回くらい来てもらえたらな〜と思っています。

実家には、父、母、姉、犬(ポメラニアン)、犬(ビーグル)が住んでいて、
特に来てもらいたいのは母と犬(ポメラニアン)です
もちろん、父と姉にも来てもらいたいのですが、2人とも仕事が忙しくなかなか難しそうなので…
犬(ビーグル)も15歳の老犬なのであまり遠出はさせられないので無理そうですね…(泣)


もし、母と犬が来てくれたら、最近免許を取ったので私の運転でログハウスまで上がって散歩したり、ログハウスの前で写真撮ったりしたいです!!(あの自然の中を散歩したら犬も喜ぶだろうな〜
それから、母は料理がとても上手いので一緒に調理がしたいです♪♪

来てもらったら…と考えると、色々と一緒にやりたいことがあり過ぎてワクワクしてしまいますね!!!
とりあえず家族に観音寺の魅力をたくさん伝えて、来たいと思ってもらえるようにしたいです 


次は、農業班のむろこにバトンタッチします!(๑✹ω✹๑)




(おまけ)
犬(ポメラニアン)



ニパッッ
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
facebookページ

木の家はfacebookページもやっています。メンバーの活発に活動する姿を多くの写真で見ることができます。

木の家のFacebookページ
スポンサードリンク
お問い合わせ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック