2013年01月

今後木の家でやりたいこと まゆ

まゆです
書くのだいぶおそくなりました。ほんとごめんなさい。でも五千円は払いません。


今後木の家(ログ?)でしていきたいことは、ほんまに考えれば考えるほどいろいろ出てきて全然まとまらない
ので、前から考えてて今覚えてることとか、今まさに思いついたことをだらだら書きます。
垂れ流すから読みにくかったらごめんね。非現実的なのも多々あると思う(*^。^*)妄想やから


とりあえず山猫を餌付けしといてあたしらが行ったら集まってくる感じにしたいな。
四つ足のものはなにかほしいね。
生き物関係でいくと池もきれいなスペースにして、魚の種類ももっと増やしたい。


あと、DIYはやめたくないからせっかくなら小物とか椅子とかも作ってみたい
ちっちゃい水車とか、ししおどしとかつくって池のわきにおいたり。
花壇作ったり。

ログハウス作れたならビニールハウスもできんじゃない?
それでやさい育てたりしたい。まあ世話がたいへんか(^_^;)

天窓つけるのがお金かかるし後になるなら、屋根が透明のちっこい小屋たてといて昼寝小屋つくっちゃいたい。
星も見れるし。

あと法学部生としてはログの権利関係とかもじっくり考えてちゃんとしときたい。
これから人に貸したりすることになったらやっとかなあかんやろなーって思う。

湊がいってた芝生でごろ寝もめっちゃしたい!\(^o^)/

あと、ログを使って多可町の活性化をより促進していくのがこれからの課題やけど、
やっぱり今私たちが毎月行かせていただいてること自体も活性化の発端になることやと思う。
今後もログはどんどん改良していって大学生が多可町を訪ねる拠点になればいいと思う。
神戸大じゃなくても大学生じゃなくてもいいけど、とにかく若者や外部の人が継続して多可町に入っていくことの
きっかけにログがなればうれしい。
だから、寝泊りとか、トイレ、キッチンとかもちゃんとしたいなー

<iframe width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/uebxlIrosiM?feature=player_detailpage" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

↑コレ見れるかな?
TED のBEFORE I DIEていう動画なんやけど、
要約すると自分の住む町が大好きやけど、ほったらかしにされてる空き家が多くて悩んでて、
ちょうど自分もつらいことがあって何か変えたいと思ってその空き家の汚い壁を塗りつぶして
”BEFORE I DIE I WANT______”ていう問いをいっぱいかいといたら、
すごい笑える解答とか、感動する答えがいっぱいかかれてて、ただの汚い空き家やったところに人がいっぱい
集まって活気づいたっていう話です。

木の家でも別にこれと一緒じゃなくてもいいけど、なんかこういうええやん?て感じのことしたい
手始めに小っちゃい黒板にあたしらのかいといて、村の人とかこれからきてくれたひとに書いてもらえるようにしとくとか。


あと牧さんが持ってたログハウス雑誌に、保育園にあるログハウス?の丸太の断面に園児が好きな絵をかいてる写真が載ってて、ペイントしてもおもしろそうやなっておもった!

まだまだあるけど、今日はこれくらいにしとこうかな
じゃあ次あっこ!






ミーティングでのこと

卒論”は”提出し終えました、山崎陽介です。

昨日は月曜日ということで、定期ミーティングがありました。

そのミーティングにとても感心させられたので、

そのことについて書こうと思います。


今の主な議題は、

・「代表・副代表の引き継ぎをどうするか」
・「資金調達の方法」
・「ログハウス完成後の活動をどうするか」

です。


代替わりに関しては、

代表は門田君、副代表は安原君・熊澤君が続投することに決まりました。

12月で役職を交代するつもりで進めていたのですが、

「ログ建設が終わる不安定な時期に交代するのは”逃げ”ではないか」

「現状、副代表の役割が具体的に決まっていないので、僕らの代で確定させたい」

という門田君の思いから、二年間代表を務めることにしたそうです。


代表・副代表を三回生が務める(現在は二回生)ことについて、

様々なメリット・デメリットがあり、大変悩んだ末の門田君の結論でした。

「決断する」ということは、それに伴うデメリットを自分が引き受けるということです。

今後の活動にも強く影響する難しい選択だったからこそ、

門田君の勇気を称えたいと思います。



次に資金調達の議題です。

組織にとって資金は切り離せない非常に重要な問題です。

僕が感銘を受けたのは、資金班班長の山下さんが

自分の想いを実に2ページにわたって書いて、議題を提出したことです。

「何とか新しい資金源を確立させなければならない。

資金のせいでみんなを心配させたくない。

営利を目的にしない木の家の活動と、

お金のために行動しなければならない現状。

どうにかしたい」

そんな自分の想い、苦しみを起点にして

資金の問題にあたってくれるようになりました。


「自分の問題」を「みんなの問題」として共有しようと働きかけること、

そしてみんなはそれを組織の問題として扱うこと。

僕は、これこそが組織にとって一番重要なのではないかと思います。


それまで全て自分で抱え込み、処理しようとしていた山下さんが、

一歩踏み出し自分の本音を言い、

組織として共有できたことは、

大変価値のあることだと思います。


また、三つ目のログハウス完成後の活動に関しては、

安原君が議題提起をしてくれています。

「自分が木の家をどのような組織にしていきたいか」
「何が問題だと思うか」

を述べ、そのうえで自分の意見を押し通すのではなく、

全員が納得する意見をみんなで作り上げようとする。

これはとても難しいだけでなく、みんなを信頼していなければできないことです。


またそれに対するメンバーも、自分のことだけを考えた意見を言うのではなく、

「自分がどうしたいのか」をもとに「では組織としてどうすればよいのか」

を考えて意見を言ってくれるようになりました。


どの議題でも、自分の想いを基準にして、

それを組織として共有する姿が見られました。


今日は、そんな彼/彼女らを知ってほしくて

ブログを書きました。

困難の多い活動ではありますが、

自分で考え行動するみんなを見ていると

期待が湧き上がってきます。


今後木の家がどのような活動に発展していくのか、

とても楽しみです。

よしのりさんの戯言

2013年の初ブログげっとぉー
ってことでこんにちは、広報班長のよしのりさんです

なんかね、広報の仕事で、というよりほぼ一人で進めてる仕事があってそっちに嫌気がさしてきたので最近木の家のツイートみねぇなぁとふと思い、ほっとブログをひらいてみると.....この有様です笑

ま、というわけでして、まずは新年のあいさつということで笑
みなさん、あけましておめでとうございます
木の家は昨年ついにログハウスの組み立てが建設現場ではじまり、積むに積んで、金具など差し込んで固めて、といろいろしていい感じにログハウスが建ってきております。
現状はこのような感じですね(あ。サンタさんいる(゚∇゚ ;)!?)
IMG_4688


ま、こんなこと言ってますが実は建設に昨年度一度も行ってないよしのりさんなんですけどね笑
(さすがに多可町ツアーや菜の花祭り、菜種祭りにはいきましたよ笑)
まぁ理由はここでは言えないことでありまして....
まぁそれはさておき。
今年はログハウスが建ち終わり、木の家も次のステップに踏み出す予定です。
新代表の話し合いも進んでいるみたいですし。
木の家。どんどん活動の幅が広がっていきそうでわくわくですよねぇ(*・ω・)
個人的には後輩の今後の木の家に対しての姿勢に若干心配があるのでそこらへんの様子をみつつ、口出しつつ、時期見てフェードアウトしようともくろんでいる次第です。

まぁそんなこんなかんじで2013年、はいっちゃってますが、これからも木の家をよろしくお願いしますね(´∀`)

ではでは。パンフレットつくりに戻ります!



スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
facebookページ

木の家はfacebookページもやっています。メンバーの活発に活動する姿を多くの写真で見ることができます。

木の家のFacebookページ
スポンサードリンク
お問い合わせ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック