2011年06月

木の家と自分(よっさん)

よっさんこと中尾吉憲です。
最近HPへのアクセス数が減ってるし僕自身更新してなかったんで書きますね。


今日家をでてチャリをこいでる時、ふと家の近くの公園にせんとくんの置物が置かれていることに気付きました。

せんとくん・・・・皆さん知ってますよね?
そう、奈良を代表するゆるキャラですね。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

昨年の奈良県ではせんとくんの活躍もあり遷都1300年祭が成功しちゃいましたね。
他府県の方からするとそれほどでもなかったように思うかも知れませんが、一奈良県民としては予想をはるかに超える反響があったように思うわけです。そして奈良県もまだ終わっちゃいないなと思ったわけです。
そこで思ったのがアピール力についてです。

とにかくせんとくんには見た目からして大きなインパクトがありました。
やはりまずは人の気を引くこと。これが人に物を伝える上でまず第一に大切なことですね。
そしてアピールするだけに似合った裏づけ。
それだけアピールされるものにも魅力がないといけません。

そこで木の家と自分。
実際これから木の家の一員として資金集めをしていくなかでまず「木の家って何だ?」と思ってもらうだけのアピールをして、かつ「それなら出資しても良いだろう」と納得してもらうだけの見返りを含めた魅力を伝えること。
それに村の人たちともっといい関係を作っていくこと。
これってすごく難しいことだなぁと思うし、それをするには今の自分にはまだ足りてないところがたくさんあるなぁと。
そういったことを出来るようになる為にもいろんなことを”大いに学ぶ”必要があるなと。
これが木の家のスローガンでもある”大いに楽しみ大いに学ぶ”って事なんだなぁと自己解釈してる次第です。


ってなことで見返してみると作文みたいになってしまってますな(笑)
とりあえず個人的にもう少しBLOGの更新増やして気の家をアピールしてかないと駄目ですねv( ̄∇ ̄)v
よーく考えると1ヶ月程書いてなかったんでΣ(=゚ω゚=;)

多可町ツアー(やっすん)

どうも、やっすん(やっさん)です。

多可町ツアー楽しかったなあ

たくさん思い出ができました。

一番驚いたのは蛍が見れたことですね。

多可町のかたに一番見えるスポットを 案内していただいて
その場所に行くと蛍が飛んでいました。

思っていたより明るくきれいでした。

もし、そのとき晴れだったら多分、星の輝きにも負けていなかっただろうと思います。

自分たちのこれからお世話になる町の自然やそこに住む方々に接することができて
本当に良い2日間でした。








加古川線

佐々木です(^-^)/ 昨日今日の6月18日、19日は新入生をつれて初の多可町ツアーです 私は昨日は日本ボランティア財団主催の広報塾に参加していたので、 今日から電車で行ってきました。 多可町は西脇市から車かバスで20分くらいのところにあって (昔は電車が通ってたのですが、廃線になってしまいました) 西脇市へはJR東海道線の加古川駅から加古川線という電車に乗ります。 手動ドアの2両編成なので、市街地で育った私にとっては新鮮です ちなみに西脇市駅は木で出来た待合室でとっても趣があるんですよ 加古川線ラッピング電車のラストランに遭遇しちゃいました 写真とってる人もいっぱいいて得した気分です

明日から多可町ツアー

どうもお久しぶりです!!

やっさん(やす、やっすん)です。

「心理学実験」以来です。

あだ名が「よっさん」と似ていてみんなに間違われて
なんかつらいです

(  )の中のでもいいから間違えないでください(笑)

明日から多可町ツアーです。

天気が心配です

しかし、1期生のみんなは初めての多可町で
何かつかめるものがあるのではないかと思います。

これからの活動によりいっそう
身が入るでしょう。

では、楽しんできます

自分らしいキャリアの作り方

梅雨でジメジメしてますね( ; ; ) 私、佐々木 敦子は雨の日はたまらなくテンションが下がるので、ここんとこずっと自分との闘いです笑 昼休み生協で見つけて、こんな本を読んでます(^-^) 自分らしいキャリアのつくり方/高橋俊介 PHP文庫 http://www.amazon.co.jp/gp/aw/ref=aw_logo_gw たまたま買った本なんだけど、経営学部の金井先生(和泉くんのゼミ)の話やら、私が授業うけてる同じく経営学部の松尾先生の話やらでてきて面白い。 ワークライフ、ワーキングマザー、動機づけ、ジョブデザインetc.など誰の人生でも今後関わる話がいっぱいだから読んでみるといいかも(^-^)/ そんで、その中から木の家に活かしたい部分があったので抜粋します(^o^)企業誘致の話なんだけどね。 「都市学者であるリチャード・フロリダの『クリエイティブ資本論』によると、製造業を誘致して雇用を創出するのは、産業化社会時代の発想なのだそうだ。いまはまず、どうやったらクリエイティブな人間をその地域に呼べるかを考えるのである。 それは、ひと言でいうなら刺激に満ちた多様性のある環境だ。先にそういう街づくりをすることによって、優秀なクリエイティブワーカーちがみずから足を向けてくれるように仕向ける、続いて彼らを雇用したい企業が進出してくるのを待つのが、現代の企業誘致の要諦だというのである。」 長いね( ; ; )ごめんよう( ; ; ) ただ、これを読んでびびっと来てしまったのです。 まぁ私はずっと「楽しいことがしたい」ってわがままのように言っていたのだけど、 私の思う楽しいこと=クリエイティブなこと なんだよね、おそらく。 「みんなの田舎をつくろう」というDASH村構想がそもそもクリエイティブな発想だし。 そして幸いうちの団体は現段階では多様性に飛んでいると思う。 多可町をクリエイティブな人が集まるところにして活性化したいな。 という、佐々木さんの独り言でした(^-^)/
スポンサードリンク
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
最新コメント
facebookページ

木の家はfacebookページもやっています。メンバーの活発に活動する姿を多くの写真で見ることができます。

木の家のFacebookページ
スポンサードリンク
お問い合わせ

ハウスコは建築家と出会い、注文住宅をつくるためのコミュニティサイト。
建築家に家づくりの質問をしたり、住宅設計コンペを開催したり、ハウスコにはさまざまな出会いのカタチがあります。相性のよい建築家を見つけましょう。建築家登録も受付中!
Powered by 面白法人カヤック